前へ
次へ

離婚問題【離婚後300日問題】について

離婚後300日問題とは「離婚が成立した日より300日以内に出産した子どもは前夫の子どもとする」と定められた法律(民法772条の2項)により発生する離婚問題を指します。
この法律によりたとえ事実上夫婦関係が完全に破綻した状況にあったとしても、出産した子どもは前夫の戸籍に入れなければならなくなります。
こういったケースでは子どもの戸籍を取得するためにとりあえず前夫の子どもとして出生届を提出し、受理された後にDNA鑑定を実施し前夫との間に親子関係がないことを証明することになります。
そして親子関係不在確認の申し立てを行い、それが認められることにより初めて実父の子どもとしての戸籍が与えられます。
その為、たとえ一時的とはいえ子どもを前夫の戸籍に入れることに対して強い抵抗を感じる母親が出生届を出さないというケースが発生し、戸籍を持たない子どもが存在してしまうのです。
このような無戸籍問題を発生させないために、2007年以降は医師が離婚後の妊娠を証明する書類を作成すれば、実父の子どもとして出生届を受理してもらうことができるようになりました。
両親はこのような離婚問題により我が子を戸籍を持たない子どもにすることがないよう、必ず責任を持ってしかるべき手続きを取らなければなりません。

Page Top